ロータリークラブは、人道的奉仕に従事し、あらゆる職業における高い倫理基準を奨励し、世界中で親善や平和を築くためのお手伝いをしています。


トップ  >  岡山北RC会長挨拶      第51代会長  伊藤健志

岡山北RC会長挨拶      第51代会長  伊藤健志

国際ロータリーテーマ
「インスピレーションになろう」
国際ロータリー第2690地区のスローガン
「チャレンジしよう」
岡山北ロータリークラブのスローガン
「道」ー半世紀までの道 1世紀までの道ー
(意志あるところに道がある)

本年度クラブ運営方針

スローガン
「道」 −半世紀までの道 1世紀までの道−(意志あるところに道がある)

1969年2月8日に創立発会式を執り行った岡山北ロータリークラブは、今年度創立50周年を迎えます。この節目の年度に会長職を仰せつかり、身の締まる思いと同時にその責任の重大さを痛感してい ます。スポンサークラブ岡山ロータリークラブ様を始め創立にご尽力いただいた皆様、50年の輝かしい伝統を築かれてこられました皆様に心からの感謝と敬意を表しますとともに、今年度は記念すべき年に相応しいクラブ運営を熟慮の上、活動、行動を通じて次代の50年に対応できる変革を行い、更なる発展を願ってロータリーの友情、奉仕をつなぎ、広げていく運営を行ってまいりたいと思います。

創立50周年を迎える当クラブ最重要課題・目標は会員増強です。会員増強の『増』は会員の量を増 やすことであり、増強の『強』は会員の質を高めること、即ち会員の内なる人を強くする、内なる心を磨くことであります。会員の質を高めることなくして真の会員増強は有り得ません。当クラブは20 数年間会員数減少に歯止めがかかりません。量の増大のみを求めても、結果的には会員は減少しております。岡山北ロータリー50年の歴史を通じて、一貫してロータリアンの魂の浄化、心を磨くことを心がけてきました。一人ひとりのロータリアンを強くすることによって、初めてクラブが強くなり会員数の拡大につながると考えます。
また、ロータリーの指導概念は、「親睦」と「奉仕」であります。そして、ロータリアンの基本的な義務である例会出席。実は例会も「親睦」と「奉仕」によって成り立っています。最初の30分間は 食事と団欒の時間、即ち、親睦の時間。後半の30分間は奉仕に耳を傾ける時間、即ち卓話の時間であります。現在当クラブへの例会の出席率が悪くなっています。例会に自分から進んで出席したくなるようなクラブづくり、心地よく出席できるようなクラブを目指し出席率の向上を図りたいと考えます。
そして、2019年2月24日に創立50周年記念式典を執り行います。創立以来半世紀の間、様々な変化の中で築き上げてきた歴史を踏まえて、全会員で知恵を絞り、汗を流し、更なる友情を築き深めてお祝いしたいと思います。

このような思いから、今年度スローガンを「道」とし、50周年を機に諸事業・運営等を考えステップアップをすることに「チャレンジ」し、当クラブ、メンバーが「インスピレーション」(心を奮い 立たせよう)(モチベーションを高めるリーダーなろう)になり100周年につなげる道(架け橋)の年度にしたいと考えます。
会員皆様方のご理解と絶大なるご協力をお願い申し上げます。

基本方針 会員増強 会員の質の向上 今後のクラブ在り方 架け橋

 

 

週報バックナンバー

お役立ちリンク集

岡山北ロータリー 入会案内

ロータリー文庫
qrcode

このページのトップへ戻る