ロータリークラブは、人道的奉仕に従事し、あらゆる職業における高い倫理基準を奨励し、世界中で親善や平和を築くためのお手伝いをしています。


トップ  >  組織構成

組織構成

理事・役員の構成

会長・理事 磯島芳樹 広 報・ 理 事 角南真一
副会長・理事 蘯茵/ 奉仕プロジェクト・理事 小野和倫
幹事・理事 高畠 浩 ロータリー財団・理事 大塚雅司
副幹事 上野山 剛 親睦活動 山本宣良
会計 下山宏昭 プログラム 中川博登
S.A.A.・理事 米林 真 直前会長 双田 直
副S.A.A. 大森浩史 次期会長 伊藤健志
会員増強・退会防止・理事 川本浩司    

委員会構成

常任委員会 常任委員長 委 員 会 委 員 長 委 員(アルファベット順)
クラブ管理運営
伊藤健志
出 席
廣野景治
(副)浜田麻里 (副)高祖哲也
(副)森田 亘 (副)中山賢太郎  
馬場幸三・鴻上浩之・宮下誠二 
坪井 翔・山本武彦 
親睦活動
山本宣良
プ ロ グ ラ ム
中川博登
会員増強・退会防止
川本浩司
職業分類
山本和秀
逸見一郎・廣野景治・伊藤健志
松田次歳・三宅浩司・永山雅己
大塚雅司・上野山剛・山本宣良
会員選考
青木俊也
ロータリー情報
双田 直
広 報
角南真一
会 報
中山賢太郎
橋田歳行・井藤勝義・岸本達也
鴻上光宣・中川博登・大森浩史
砂田信義・下山宏昭
雑誌
盒玉仄
クラブ歴史編集
川本浩司
ロータリー財団
大塚雅司
米山記念奨学会
福嶋 紘
馬場幸三・高祖哲也・宮下誠二
砂田信義・武南浩二・谷本 章
安原孝則
岡山北RC奨学会
米林 真
奉仕プロジェクト
小野和倫
職業奉仕
永山雅己
浜田麻里・岸本達也・鴻上浩之
三宅浩司・佐々木和也・武南浩二
坪井 翔・安原孝則
社会奉仕
杉本康成
青少年奉仕
前田俊彰
国際奉仕
橋田歳行

委員会活動計画

クラブ管理運営常任委員会 常任委員長:蘯茵/掘

〔本年度方針〕
本年度、磯島会長は【参加したくなる行事のあるクラブ】さらには「最重要目標」として会員純増2名(3%)を運営方針として示されています。会長方針を実現するために、クラブ行事、同好会等の会員相互の親睦を深めて、参加したくなるような行事を考えていきたいと思いますので、何卒皆様のご協力をお願い致します。

〔実施計画〕
1.クラブ会長の運営方針に従い、会員がより参加したくなる行事を企画する。
2.出席・親睦・プログラムの3委員会をコラボして緊密なクラブ運営を実施する。

 

出席委員会 委員長:廣野 景治 

〔本年度方針〕
2016−17年度は米林委員長が出席委員長に任命され、例会出席率はほぼ70%を超え、80%もしばしばという高い出席率を維持されました。若い会員の入会とともに会員の皆様の出席意識も高まり、また、毎回の米林委員長のアドリブのきいた声かけも大変寄与したことと考えます。今後は例会の回数なども議論をされますが、会員である以上は、例会出席は義務でもあり、権利でもあります。会長方針「参加したくなる行事のあるクラブ」の運営方針に基づき、各委員会との連携を図りながら、更なる出席率の向上を目指します。

〔実施計画〕
1.出席率向上に向け、プログラム委員会・親睦委員会に協力のお願いをする。
2.地区大会・IM・IDM・クラブ内の行事、奉仕活動により多くの参加を呼びかける。
3.欠席会員はメークアップ、長期欠席会員には出席を促す。
4.ホームクラブ100%出席会員を表彰する
5.永年継続出席会員を表彰する。
6.ホームクラブ出席率70%以上を目標とする。 

親睦活動委員会 委員長:山本 宣良 

〔本年度方針〕
今年度の岡山北ロータリークラブのクラブ方針は「参加したくなる行事のあるクラブ」です。親睦活動委員会としましては、会員の皆様方から要望・ご意見等をリサーチして委員会に持ち帰り会員と共に行事内容を検討して夜間例会等に盛り込んで参りたいと思いますので1年間ご協力宜しくお願いします。

〔実施計画〕
1.例会場での立礼・挨拶
2.ビジターのお出迎えとテーブルへのご案内
3.お祝い行事の開催
4.年男の紹介

〔行事予定〕
平成29年7月  旧ひな壇慰労会及び新入会員歓迎夜間例会
8月  ビアバイキング親睦会
9月  観月夜間例会
12月  クリスマス家族夜間例会 

平成30年1月  新年互礼会&新入会員歓迎夜間例会
2月  創立記念夜間例会
4月  夜桜の宴

 

プログラム委員会 委員長:中川 博登 

〔本年度方針〕
本年度の岡山北ロータリークラブの運営方針は「参加したくなる行事のあるクラブ」となっており、ロータリークラブの活動の原点である例会において、卓話を通じてこのクラブ方針を実現できるように努めて参ります。
会員の方々が興味を持たれるようなバラエティーに富んだ卓話を揃えて参りますので、皆様のご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

会員増強・退会防止常任委員会 常任委員長:川本 浩司

〔本年度方針〕
本年度会員増強・退会防止委員会 常任委員長の川本です。
本年度、会長方針「参加したくなる行事のあるクラブ」に一人でも多くの会員に参加してもらい親睦を深め、また多くの適格者にクラブに入会してもらえるよう尽力致します。 

 職業分類委員会 委員長:山本 和秀

〔本年度方針〕
ロータリークラブでは、各職種から均等に会員が充填されることが望ましいとされています。しかし、社会の変化に伴い職業の多様化や細分化が進んでいます。そのため、職業分類については原則を守りつつ、会員の増強につながるよう、見直しも含め柔軟に対応したいと考えます。

会員選考委員会 委員長:青木 俊也

〔本年度方針〕
当クラブにて会員としてふさわしい人を選考することとなりますが、現状では会員増強が最優先の課題であります。
選考にあたっては、職業奉仕やその他クラブの重要な活動にも大いに携わっていただける方を希望しています。

ロータリー情報委員会 委員長:双田 直 

岡山北ロータリー細則の「第9条委員会の任務」の「第2節会員増強委員会」の(C)にロータリー情報委員会について以下のように書かれています。

ロータリー情報委員会

 この委員会は、

⑴ 会員候補者にロータリークラブ会員の特典と責務に関する情報を提供し
⑵ 会員、特に新会員に、会員の特典と責務に関する適切な理解を与え、
⑶ 会員にロータリー、その歴史、綱領、規模、活動に関する情報を提供し、
⑷  会員に国際ロータリーの管理運営の動向についての情報を提供する方策を考案し

これを実施するものとする。

以上のことと、磯島会長の運営方針「参加したくなる行事のあるクラブ」を、ロータリー情報委員会は積極的に応援し、それに沿って、以下の活動を行いたいと考えています。

〔実施計画〕
1.「参加したくなるIDM」を年3回開催する。
2.行事への積極的参加を呼びかける。
3.新入会員へのオリエンテーションを開催する。
4.ロータリー情報を伝達する。
 

広報常任委員会 常任委員長:角南 真一

〔本年度方針〕
磯島会長の活動方針に沿って、「会報委員会」「雑誌委員会」「クラブ歴史編集委員会」の各委員会と連携を図りながら広報活動を行います。ロータリー、岡山北ロータリークラブの認識と公共イメージの向上に努めたいと考えています。

〔実施計画〕
1 .岡山北ロータリークラブの認知度の向上と、会員増強に貢献できるよう各種報道機関に働きかけを行っていく。
2.岡山北ロータリークラブの活動をクラブ内外に発信し、記録する。
3.「ロータリーの友」、「ホームページ」の活用を考える。
 

会報委員会 委員長: 中山 賢太郎

 〔本年度方針〕
クラブ週報を通じて例会プログラムや各事業、同好会等の情報を発信し、多くの人に周知していただける活動をします。

〔実施計画〕
1.週報を通じて会員への情報提供をする。
2.同好会の行事予定、結果等を掲載する。
3.読みやすく楽しめる週報をめざし、HPに掲載する。
 

雑誌委員会 委員長:盒供〔仄

〔本年度方針〕
RI公式地域雑誌「ロータリーの友」を紹介し、会員の意識向上と、クラブの活性化、そしてたくさんの情報を紹介し、会員増強につとめるように実施します。

〔実施計画〕
1.「ロータリーの友」の事前の精読、また興味深い内容を抜粋し、情報として紹介。
2.「ロータリーの友」への寄稿の依頼。

 

クラブ歴史編集委員会 委員長:川本 浩司

〔本年度方針〕
クラヴ創立50周年へ向けて、長いクラブ史の情報をお寄せ頂き記念誌のために会員皆様のご協力を頂けますようよろしくお願い致します。
 

ロータリー財団常任委員会  常任委員長:大塚 雅司

〔活動方針〕
ロータリー財団は国際ロータリーの慈善部門で、ロータリアンと支援者の自発的な寄付のみに支えられています。財団の補助金を通じて、ロータリアンは人々の健康状態の改善、教育支援、貧困救済に努め、世界理解、親善、平和を促進する活動を行うことができます。
クラブ・ロータリー財団委員会の役割は、補助金プロジェクトへの参加と寄付を通じて、財団を支援する計画を立案し、実施することです。

〔実施計画〕
1.財団補助金プロジェクトを活用し、事業を実施する。
2.財団に焦点を当てた例会プログラムを実施する。
3.会員一人当たり150ドルの寄付の達成を目指す。
 

米山記念奨学会 委員長:福嶋 紘

今回で3度目の米山委員長です。
米山奨学金への寄付は税務上、経費計上出来ますので出来る範囲で米山寄付をお願い致します。

  

岡山北RC奨学金委員会 委員長:米林 真

岡山北ロータリークラブ奨学金は1988年に当クラブ創立20周年記念事業としてスタートし、2017年度で29年目を迎えます。基金(金員)は当クラブが100%出資し、運用を社会福祉法人山陽新聞社会事業団(岡山市北区柳町2丁目)に一任しています。2017年5月9日に同事業団事務室で坂本文雄専務理事、柏原康弘統括、小林洋明事務局長と面談し、運営の実情を再確認しました。
当事業では岡山市内の高等学校に在学する生徒のうち経済的な理由で就学困難な家庭の子女に月額1万円の返済義務のない奨学金を支給しています。対象子女は1学年3名、3学年で9名と定めているので、1万円×3名×3学年×12ヵ月で年間108万円が必要となります。当初は基金の運用益をこれに充てていましたが近年実質ゼロ金利状態が続いていることから資金を取り崩すことで奨学金を捻出しています。1300万円でスタートした資金はその後の積み重ねにより約4千160万円まで増額されていて、計算上現在の支給状態を今後38年間続けることができます。資金は奨学制度運営のために寄付されたもので、クラブに返還することは認められていません。当クラブは奨学金の額や奨学生の人数等について提案することができますが、実際の運営は山陽新聞社会事業団が行います。奨学金支給者は岡山市内高等学校校長の推薦者の中から選考しますが、実質上は小中学校時に行政の学資援助制度を適用されていた子女が選ばれ、近年は母子家庭が多いといいます。経済困窮者であるためプライバシー保護の観点から広報しにくいものの受給者からは感謝されている由、事業団よりお聞きしました。 事業団の理事会は従来5月開催でしたが2017年から6月開催となったため本資料では2016年5月18日に事業団から当クラブ安原孝則会長に提出された報告を以下掲載します。
基金は2千150万円で、国債を購入しています。事業費は2千118万7148円で、計4千268万7148円が残高ですが、その後約108万円が奨学金として支給され、残高約4千160万円となる報告書が6月以降にクラブに届く予定です。

 

奉仕プロジェクト常任委員会  常任委員長:小野 和倫

〔本年度方針〕
奉仕プロジェクト委員会は国際奉仕、青少年奉仕、社会奉仕及び職業奉仕の各委員会を統括する委員会であります。それぞれの委員会からの活動方針は概ね昨年と同様のようですが、各委員会の方針を理解し、協力支援をする予定です。
 

職業奉仕委員会 委員長:永山 雅己

〔本年度方針〕
職業奉仕とは元来 vocational service の訳です。職業上のサービスということは自分の職域の中で地域に貢献するということだと考えます。本年度、職業奉仕委員会では【参加したくなる行事のあるクラブ】の運営方針をもとに会員や会員以外の会社への職場訪問などを通じて会員個人の成長や会社の成長ができるよう活動して参ります。

〔実施計画〕
1.例会会場に「ロータリーの目的」と「四つのテスト」の掲示
2.会員名簿に「ロータリーの目的」と「四つのテスト」の掲載
3.職場訪問の実施
 

社会奉仕委員会 委員長:杉本 康成

〔本年度方針〕
磯島会長の(参加したくなる行事のあるクラブ)の方針に沿って委員会の会員、他委員会の会員ともより良い関係を持てるよう活動を進めていきます。

〔実施計画〕
1.岡山北ロータリークラブ旗ミニバスケットボール大会に協力
2.国際奉仕委員会のタイバンミRCとの交流、支援に協力
 

青少年奉仕委員会 委員長:前田 俊彰

〔活動計画〕
スポーツ大会活動の経済的援助は、本来の青少年奉仕の活動と異なるとは考えられるものの、現実的に大会開催のためには多く費用がかかり、必要としている競技団体も多い。
例年通りミニバスケットボール大会の共催を行うと共に、今年度は危機管理委員会の報告を受け大会において、優秀選手の表彰と共に、いわゆる「パワハラになりがちな立場」である指導者の指導を、共催していく責任において表彰する試みを行なう事を提案したい。
さらに、危機管理委員会の提唱する「セクハラ」については急務であり、ZERO TOLERANCE 不寛容について、より認識を深めるため勉強会を行いたい。
 

国際奉仕委員会 委員長:橋田 歳行

〔本年度方針〕
「参加したくなる行事のあるクラブ」という会長方針に沿うよう、国際奉仕事業を実施します。
これまでの事業を継承したうえで、会員が参加したくなる、参加しやすい事業を目指します。

〔実施計画〕
・米山奨学会・ロータリー財団への積極的な寄付活動を行う。
・海外クラブと協力して奉仕事業を行う。
 

会場監督  S. A. A. 米林 真

S . A . A.が監督すべき会場とは即ち例会場のことだと認識しています。本年度会長方針において会員がより参加したくなる例会を行うことが挙げられています。例会が楽しく、同時に規律ある内容となることを目指し、和やかな卓話が展開される回では明るいヤジを歓迎する一方、挨拶の場では私語を慎むといったメリハリある運営を心がけます。
スマイルの募集も役割です。スマイルチケットを継続し、活用して頂くことを奨励いたします。何のために集めるのか、集めた資金を何に使うのかを丁寧に説明することでより多くの協力が寄せられるよう訴えます。
 

クラブ財政  会計:下山 宏昭

今年度は、「参加したくなる行事のあるクラブ」という会長方針に沿って、様々な行事が計画されそうです。クラブが活性化し、目標通り純増2人会員獲得のための予算が考えられます。
一方会員は純増傾向にありますが、未だ緊縮予算を続けねばならない状態は変わっていません。
従って会計としての基本方針は、会長方針に沿いながら、クラブの業績が上がるよう、クラブ資金の弾力的な運用を心掛けたいと考えます。 

 

 

週報バックナンバー

お役立ちリンク集

岡山北ロータリー 入会案内

ロータリー文庫
qrcode

このページのトップへ戻る