ロータリークラブは、人道的奉仕に従事し、あらゆる職業における高い倫理基準を奨励し、世界中で親善や平和を築くためのお手伝いをしています。


トップ  >  組織構成

組織構成

理事・役員の構成

会長・理事 蘯茵/ 広 報・ 理 事 廣野景治
副会長・理事 杉本康成 奉仕プロジェクト・理事 高畠 浩
幹事・理事 馬場幸三 ロータリー財団・理事 大塚雅司
副幹事 武南浩二 親睦活動 橋田歳行
会計 角南真一 プログラム 米林 真
S.A.A.・理事 中山賢太郎 直前会長 伊藤健志
副S.A.A. 鴻上浩之 次期会長 山本和秀
会員増強・退会防止・理事 双田 直    

委員会構成

常任
委員会
常任
委員長
委員会 委員長 副委員長 委 員
クラブ
管理運営
杉本康成
出席
坪井 翔
内𫝷隆文
正保宏倫
杉山栄洋
武内康彰
戸川茂宣
牧本太郎
宮井 宏
山口範博
吉田穣人
親睦活動
橋田歳行
宮武聡一郎
プログラム
米林 真
木道茂樹
会員増強・
退会防止
双田 直
職業分類・
会員選考
岸本達也
盒玉仄
鴻上光宣
佐々木和也
永山雅己
宮武聡一郎
山本武彦
ロータリー情報
伊藤健志
廣野景治
広報
廣野景治
会報・雑誌
浜田麻里
牧本太郎
上野山剛
大森浩史
下山宏昭
森田 亘
クラブ歴史編集
福嶋 紘
青木俊也
ロータリー
財団
大塚雅司
米山記念
奨学会
谷本 章
皆木英也
磯島芳樹
井藤勝義
角南真一
松田次歳
岡山北RC
奨学金
安原孝則
川本浩司
奉仕プロジェクト
高畠 浩
職業奉仕
三宅浩司
吉田穣人
小野和倫
鴻上浩之
武南浩二
皆木英也
社会奉仕
上野山 剛
正保宏倫
青少年奉仕
砂田信義
前田俊彰
国際奉仕
永山雅己
坪井 翔

委員会活動計画

クラブ管理運営常任委員会 副会長・常任委員長:杉本 康成  

〔本年度方針〕
本年度、蘯莢馗垢倭闇度の伊藤会長のクラブスローガン「道」をさらに発展させるべく「道はさらに続く」とされ、クラブがこれからの50年を着実に歩んでいけるよう中・長期ビジョンの策定、クラブ内の活性化をすることをスローガンにされました。
この会長方針を具体的な活動に移すための行事を計画・実施することをしていきたいと思います。
前年度に12名の新入会員が入会され特に会員同士の親睦が重要だと考えています。
会員の皆様のご理解と協力をお願いいたします。

   

出席委員会 委員長:坪井 翔  

〔本年度方針〕
2018-2019年度は、中山委員長が出席委員長に任命され、例会出席率はほぼ70%を超え、80%もしばしばという高い出席率を維持されました。
この結果は、同委員長の方法論が正しかったことの証明であり、前年度の方針を踏襲することが、良好な出席状況の継続につながると思えます。
本年度は蘯莢馗垢痢崙擦呂気蕕紡海」の運営方針に基づき、各委員会との連携を図りながら、出席率の維持、向上を目指します。

〔実施計画〕
1.出席率向上に向け、プログラム委員長・親睦委員会に協力のお願いをする。
2.地区大会・IM・IDM・クラブ内の行事、奉仕活動により多くの参加を呼びかける。
3.欠席会員はメークアップ、長期欠席会員には出席を促す。
4.ホームクラブ100% 出席会員を表彰する。
5.ホームクラブ出席率70% 以上を目標とする。

 

親睦活動委員会 委員長:橋田 歳行 

〔本年度方針〕
本年度の会長方針「道はさらに続く」の最も重要な点として「つながり」が挙げられています。
親睦委員会は、会員の、他クラブとの「つながり」の場、機会を準備することで、会長方針の達成を目指します。

〔実施計画〕
1.ビジターのお出迎え
2.誕生日・結婚記念日のお祝い
3.例会懇親会の運営
4.年男、年女ならびに長寿のお祝い

〔行事予定〕

【2019年】
7月
旧ひな壇慰労会及び新入会員歓迎夜間例会
9月
観月夜間例会
12月
クリスマス家族夜間例会
【2020年】
1月
新年互礼会及び新入会員歓迎夜間例会
2月
創立記念夜間例会
4月
夜桜の宴

 

プログラム委員会 委員長:米林 真

〔本年度方針〕
プログラム委員会の主な役目は卓話講師の招聘です。例会に出席した会員に感動を与え、次回例会に出席する意欲の湧くような講師をお招きしたいと考えています。
会長自ら講師を招いてくださる予定もあるとお聞きしています。委員会メンバーにも担当を割り振り、幅広い分野から講師を招聘することを計画しています。

 

会員増強・退会防止常任委員会 常任委員長:双田 直

〔本年度方針〕
本年度、会員増強・退会防止委員の活動方針については、会長の運営方針『道はさらに続く』にのっとり、会員増強・退会防止を推進したいと思います。
会員増強も、継続(『道はさらに続く』)してくことが大事であります。若い方々のお力を借りながら、純増数名が達成出来ればと思っております。
また、楽しむクラブにしたいと思います。
皆様方のご協力をよろしくお願いします。  

 

職業分類・会員選考委員会 委員長:岸本 達也

〔本年度方針〕
・職業分類
岡山北ロータリークラブの会員は各職種から均等に充填されることが望ましいと思います。
ただ、職業の多様化が進んでいる現況において会員増強につながるならば、原則を守りつつ見直しも検討してまいります。

・会員選考
推薦された方が、岡山北ロータリークラブの会員にふさわしい方かどうかを検討し理事会に報告します。選考にあっては、クラブの活動に積極的に携わっていただける方を希望いたします。

 

ロータリー情報委員会 委員長:伊藤 健志 

ロータリー情報委員会は会員がロータリーを十分に理解し、会員としての特典と責務をまっとうする為の情報を提供する役割を持った委員会です。
前年度に規定審議会が開催されました。採択された内容について、会員に向けての情報提供を行うのと併せて、新入会員の方々を対象にした基本的な情報提供を行い、蘯莢馗垢留娠鎚針に沿った活動を行います。

〔実地計画〕
1.新入会員へのオリエンテーションを開催する。
2.IDMを年2〜3回開催する。
3.国際ロータリー、地区の情報を迅速に伝達する。
4.会員増強、退会防止に協力する。

 

広報常任委員会 常任委員長:廣野 景治

〔本年度方針〕
蘯莢馗垢粒萋以針に沿って「会報委員会」「雑誌委員会」「クラブ歴史編集委員会」との連携を図りながら、広報活動を行います。
特に、委員会活動の充実による「つながり」を大切にし、広報の対内的、対外的な役割や目的と創立50周年を終えて「さらに続く道」のあり方を考えて実践していきます。  

〔実施計画〕
1.岡山北ロータリークラブの活動の記録とクラブ内への情報発信
2.「つながり」による他クラブの情報収集と対外的な情報発信
3.最重点項目である会員増強への協力

 

会報・雑誌委員会 委員長:浜田 麻里

〔本年度方針〕
活動を通じ、会員意識向上及び活性化を図る。

〔実施計画〕
1.「ロータリーの友」の事前の精読、また興味深い内容を抜粋し、情報として紹介。
2.「ロータリーの友」への寄稿の依頼。
3.週報を通じ、会員への情報提供を怠らない。

 

クラブ歴史編集委員会 委員長:福嶋 紘 

〔本年度方針〕
当クラブの創立50周年記念式典が先日終了したばかりなのでクラブ歴史編集委員会の仕事も当分無いと思われます。
蘯莢馗垢亘槐度クラブ運営方針の中で、本年度スローガンを?道はさらに続く?とされました。
クラブ歴史編集委員会もさらに続いていきます。
会員の皆様方に当委員会へのご協力をよろしくお願いします。  

 

ロータリー財団常任委員会  常任委員長:大塚 雅司

〔本年度方針〕
ロータリー財団は、1917年、アーチ・C・クランフ国際ロータリー会長が、「世界でよいことをするために」基金の設置を提案したことに始まりました。
1928年ミネソタ州ミネアポリス国際大会で、この基金はロータリー財団と改称され、国際ロータリー内の別個の存在になりました。
当時、管理委員であったアーチ・クランフは次のように述べています。
「われわれは、この財団を今日明日の時点ではなく、何年、何世代の尺度で見つめるべきです。なぜなら、ロータリーは幾世紀にもわたる運動だからです。」

〔実施計画〕
1.財団補助金プロジェクトを活用し、事業を実施する
2.財団に焦点を当てた例会プログラムを実施する
3.会員一人当たり150ドルの寄付の達成を目指す

 

米山記念奨学会 委員長:谷本 章

〔本年度方針〕
米山記念奨学会は、ロータリー会員の寄付金を財源にし、将来母国と日本の懸け橋となって国際社会で活躍する優秀な留学生に、大学等で学ぶ為の資金を奨学金として支給する事により、優秀な留学生を育成し、国際親善への道を深め、相互の理解を計る事を目的と致しております。
この目的達成の為、会員の皆様に同意をいただき、さらなる支援をお願い致します。
又、今年度も米山奨学生のカウンセラーを担当させていただくことになりました。米山奨学生とロータリアンの交流が相互理解のみならず、双方にとって財産になる様、アドバイザーとして奨学生のケアを行っていきます。  

〔実施計画〕

1.留学生に当クラブの例会に出席いただき、なるべく多くの会員と会話をしていただくよう図る

2.例会において奨学生による卓話の機会を作る

3.米山記念奨学会への寄付を会員にお願いする

 

 

岡山北RC奨学金委員会 委員長:安原 孝則

〔本年度方針〕
平成元年岡山北ロータリークラブ創立20周年の記念事業として本奨学金制度は1300万円の基金(当クラブが100%出資)を元にスタート致しました。
事業内容は岡山市内の高等学校に在籍をする生徒の中で、向学心が豊かにもかかわらず経済的な理由で修学が困難な生徒を支援する事を目的としています。
具体的には1学年につき3名を選定し、3学年で計9名に対して一人月額1万円を支給致します。この支援に返済の義務はありません。
ただし、前年度の岡山北ロータリークラブ50周年並びに奨学金制度30周年の記念事業として2名を増員したため、現高校2年生のみ5名となっています。
運営につきましては、社会福祉法人山陽新聞社会事業団に基金を委託し、支給生徒の選定等を一任しています。

平成29年度(平成29年4月1日〜平成30年3月31日)事業について
平成28年度よりの繰越金  20,214,959円
平成29年度 受入利息     324,710円
平成29年度 事 業 費    1,080,216円
平成30年度へ繰越金     19,459,453円
現在の基金         21,500,000円 との決算報告を受けています。

〔実施計画〕
社会福祉法人山陽新聞社会事業団が選考をした岡山市内の高校生に対して高校1年生3名・高校2年生5名・高校3年生3名に一人月額1万円の奨学金を支給する。

[追記] 前年度卒業をされた一名の奨学生のお礼状を抜粋してご紹介致します。
(一部省略)
私は三年間、貴財団の岡山北ロータリークラブ奨学金を受けさせていただいた明誠学院高等学校三年「※※ ※※」と申します。
私事ではございますがお陰様でこの三月に高校課程を終えて無事卒業する事となりました。
本日は今日までの奨学金のご支援に対し、一筆御礼申し上げたく、卒業のご報告も兼ねて筆を執らせていただきます。
この三年間、岡山北ロータリークラブ奨学生の名に恥じぬよう、及ばずながら学業に学校生活に全力を尽くしてまいりました。
こうして学業を修め、晴れて卒業の日を迎える事が出来たのも、貴財団のご支援のお陰と感謝の気持ちで一杯です。
三年間変わらず支えて下さった貴財団の皆様に心から御礼申し上げます。 
本当にありがとうございました。
貴財団の皆様におかれましては、益々のご発展をお祈りいたします。

平成31年3月1日 「※※ ※※」

 

奉仕プロジェクト常任委員会  常任委員長:高畠 浩

〔本年度方針〕
奉仕プロジェクト委員長を拝命しましたので、クラブを成功に導くリーダーシップ:奉仕プロジェクト委員会編2019〜年度を読みました。
奉仕プロジェクト委員会はロータリークラブの五大奉仕を4つの委員会で行う重要な委員会です。
委員の皆様と協力しながらプロジェクトを実施していきたいと思います。
委員長・副委員長には大変ご苦労をおかけすると思いますがどうぞよろしくお願い致します。  

〔実施計画〕
職業奉仕委員会
青少年奉委員会
社会奉仕委員会
国際奉仕委員会

実施計画は各委員・委員長の協力なくして行えません。
どうぞよろしくお願い致します。

 

職業奉仕委員会 委員長:三宅 浩司

〔本年度方針〕
職業奉仕を理解するには『ロータリー運動は倫理運動である』ことを理解しなければなりません。 ロータリーが倫理運動であるがために、古来よりいろいろな原理原則が生まれてきたようです。その中でも、これがロータリーだといわれているのが職業奉仕です。 『ロータリーのロータリーたる所以は、職業奉仕の実践にあり』と言われています。この言葉を理解した上で職業奉仕の精神を学んでいくことを検討してまいります。

〔実施計画〕
1.例会会場に『ロータリーの目的』と『四つのテスト』の掲示
2.会員名簿に『ロータリーの目的』と『四つのテスト』の掲載
3.優良従業者表彰の実施

 

社会奉仕委員会 委員長:上野山 剛

〔本年度方針〕
創立50周年を終え、蘯莢馗垢隆靄槓針である、次の50年に向けての「道はさらに続く」に沿って、キーワードである「つながり」を念頭に置いた社会奉仕活動を進めていきます。

〔実施計画〕
1.継続した社会奉仕事業の実施を会長・幹事の下、計画・立案を行う。
2.他の奉仕プロジェクトと協力をする。

 

青少年奉仕委員会 委員長:砂田 信義

〔本年度方針〕
地域の青少年の健全な精神と健康な身体の育成を目指し、諸団体と連携をとりながら、青少年のスポーツ活動の支援を行います。また、金銭的支援だけではなく、人的支援も行うとともに子ども達と 交流し楽しみ、感動体験ができるような運営を行いたいと思います。

〔実施計画〕
1.「第14回岡山北ロータリークラブ旗ミニバスケットボール大会」の共催
2.奉仕プロジェクト事業への協力

 

国際奉仕委員会 委員長:永山 雅己

〔本年度方針〕
昨年岡山北ロータリークラブは50周年を迎えました。大きな節目を迎え、今までの事業の振り返りや検証をし、今後の事業をどうするかという話し合いもしました。
道はさらに続くというスローガンのもと、本年度も海外での国際奉仕事業は、政情不安や災害等がなければ行いたいと思います。
いろいろなつながりができるような委員会活動をしてまいります。多くのご参加よろしくお願いいたします。

〔実施計画〕
1.米山奨学会・ロータリー財団への積極的な寄付活動を行う。
2.海外クラブと協力して奉仕事業を行う。

 

会場監督  S. A. A. 中山 賢太郎

〔本年度方針〕
令和元年という記念すべき年にS . A . A . を拝命いたしました。本年度会長の運営方針の下、今まで岡山北ロータリークラブが築いてこられた、楽しいながらも規律を重んじ、しっかりと「つながり」 を感じられるような運営に努めてまいります。

〔実施計画〕

・昨年度からの実施要領を継続する事とし、例会での親睦の時間を楽しむ、会長挨拶や卓話の場での規律ある姿といった、メリハリを心掛けて実施する。

・スマイルを多くの方々にご協力いただけるよう、しっかりと声掛けをしていく。

・他クラブとの合同例会やコラボ行事の開催。

 

クラブ財政  会計:角南 真一

蘯菴群馗垢離ラブ運営方針に則り、会長、幹事の支持を受けながら、各理事、各委員長との連絡を密にしてクラブの健全財政に努めます。
現在、会員数は51名と増加しましたが、今年度も緊縮財政に成らざるを得ません。会員の皆様方のご理解とご協力の程、よろしくお願い致します。  

   

〔実施計画〕
1.資金の管理を確実に行い、堅実な運営を行う。
2.年間2回、クラブ例会において、財政内容の報告を行う。

 

週報バックナンバー

お役立ちリンク集

岡山北ロータリー 入会案内

ロータリー文庫
qrcode

このページのトップへ戻る