ロータリークラブは、人道的奉仕に従事し、あらゆる職業における高い倫理基準を奨励し、世界中で親善や平和を築くためのお手伝いをしています。


トップ  >  組織構成

組織構成

理事・役員の構成

会長・理事 伊藤健志 会員増強・退会防止・理事 盒玉仄
副会長・理事 山本和秀 広 報・ 理 事 武南浩二
幹事・理事 廣野景治 奉仕プロジェクト・理事 岸本達也
副幹事 橋田歳行 ロータリー財団・理事 谷本 章
副幹事 砂田信義 親睦活動 中山賢太郎
会計 山本武彦 プログラム 青木俊也
S.A.A.・理事 永山雅己 直前会長 磯島芳樹
副S.A.A. 坪井 翔 次期会長 蘯茵/

委員会構成

常任
委員会
常任
委員長
委員会 委員長 副委員長 委 員 50周年
クラブ
管理運営
山本和秀
出席・親睦活動
中山賢太郎
上野山 剛
木道茂樹
牧本太郎
宮井宏
三宅浩司
宮武聡一郎
内𫝷隆文
正保宏倫
吉田穣人
祝賀会
(山本和秀)
プログラム
青木俊也
双田 直
50周年特別委員会
大塚雅司
杉本康成
橋田歳行
実行委員会
会員増強・
退会防止
盒玉仄
職業分類・
会員選考
盒玉仄
安原孝則
 
総務
渉外
広報
(盒玉仄)
ロータリー情報
磯島芳樹
廣野景治
広報
武南浩二
会報・雑誌
武南浩二
馬場幸三
福嶋紘
井藤勝義
坪井翔
山本武彦
クラブ歴史編集
下山宏昭
鴻上光宣
ロータリー
財団
谷本 章
米山記念
奨学会
谷本 章
川本浩司
 
式典
記念事業
(岸本達也)
岡山北RC
奨学金
角南真一
砂田信義
奉仕プロジェクト
岸本達也
職業奉仕
米林 真
大森浩史
鴻上浩之
松田次歳
小野和倫
角南真一
砂田信義
社会奉仕
高畠 浩
佐々木和也
青少年奉仕
浜田麻里
前田俊彰
国際奉仕
岸本達也
森田 亘
50周年実行委員長 大塚雅司 米山奨学生カウンセラー 谷本 章
50周年副実行委員長 杉本康成 地区雑誌・広報委員 武南浩二
50周年幹事 橋田歳行  
委員 山本和秀 盒玉仄
岸本達也 永山雅己 中山賢太郎

委員会活動計画

クラブ管理運営常任委員会 副会長・常任委員長:山本 和秀 

〔本年度方針〕
本年度、伊藤会長はクラブのスローガンを「道」−半世紀までの道 1世紀までの道−(意志ある ところに道がある)としています。また、基本方針として、「会員増強」、「会員の質の向上」、「今後 のクラブの在り方」、「架け橋」を掲げています。すなわち、ロータリアンとしての質の向上を通じて会員増強を図ること、さらに今年度の50周年を機に100周年につなげる架け橋となるようなクラブ運営を目指しています。
皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

〔実施計画〕
1.親睦と奉仕を通じて、例会に出席したくなるような運営を企画する。
2.ロータリアンとしての質の向上を図るべく、ロータリーの精神について勉強する機会を設ける。
3.創立50周年記念式典を執り行う。

 

出席・親睦活動委員会 委員長:中山 賢太郎 

〔本年度方針〕
例会は1時間という短い時間ではありますが、出席することで会員そしてビジター・ゲストを含むたくさんの方と会うことのできる貴重な場であり時間でもあります。そして、例会出席は会員の義務 であり、権利でもあります。
本年度、伊藤会長の運営方針に基づき、各委員会との連携を図り、例会に自分から心地よく出席していただけるよう努めるとともに、更なる出席率の向上を目指します。
また、親睦活動につきましては、ロータリーの指導概念でもある「親睦」の部分を意識し、会員間の交流活動をしっかりと企画運営して参ります。
岡山北ロータリークラブに関わる皆様が楽しく参加したくなるような運営を委員会全員で取り組み、活動が会員拡大と退会防止に繋がるよう常に意識して実践して参ります。

〔実施計画〕
1.出席率向上に向け、プログラム委員会・親睦委員会に協力のお願いをする。
2.地区大会・IM・IDM・クラブ内の行事、奉仕活動により多くの参加を呼び掛ける。
3.欠席会員はメークアップ、長期欠席会員には出席を促す。
4.ホームクラブ100%出席会員を表彰する。
5.永年継続出席会員を表彰する。
6.ホームクラブ出席率80%以上を目標とする。
7.例会での立礼・挨拶
8.ビジターのお出迎えとテーブルへのご案内
9.お祝い行事の開催
10.年男等の紹介
11.親睦行事の企画運営

〔行事予定〕
平成30年   7月 旧ひな壇慰労夜間例会及び新入会員歓迎夜間例会
                8月 暑気払い親睦会
                9月 観月夜間例会
               12月 クリスマス家族夜間例会
平成31年   1月 新年互礼会&新入会員歓迎夜間例会
                4月 夜桜の宴

 

プログラム委員会 委員長:青木 俊也

〔本年度方針〕
本年度50周年を迎え会長は最重要課題・目標を会員増強とされ会員の質を高めることが増強に繋が るとおっしゃっておられます。また例会に出席することの大切さを指摘されておられ例会での卓和を重視されておられます。親睦と奉仕を掲げられ道をスローガンにされておられますので卓和は奉仕を 重視しそこからロータリークラブの勉強に繋がり会員増強の道ができるような講師をお呼びできればと思います。

 

50周年特別委員会 委員長:大塚 雅司

〔本年度方針〕
我が、岡山北ロータリークラブは、1969年( 昭和44年)2月8日に設立されまして、本年をもって、 創立50周年を迎える事が出来ました。
過去の周年記念誌、15周年、25周年、35周年、45周年、をひも解いて見ますと、チャーターメンバーの方は、名誉会員の姫井会員だけになっていました。ただ、15周年記念誌には、井藤勝義会員が、当時の会長として、挨拶されており、設立2年目にご入会をされていた事を知り、大変感銘を受けました。
各、周年記念誌には、過去の我がクラブの歴史がすべて、網羅されております。
歴史と伝統を知り、新たなロータリーの知識や道理を見い出す。まさしく、温故知新であると感じました。

〔実施計画〕
・50周年記念事業を行う。
・平成31年2月24日(日)にホテルグランヴィア岡山にて、創立50周年記念式典を実施する。

 

会員増強・退会防止常任委員会 常任委員長:盒供〔仄

〔本年度方針〕
本年度の会員増強・退会防止常任委員会の活動については、伊藤会長のクラブ運営方針に従い、会員の質を高めることで会員増強をはかり、創立50周年を50名の会員で迎える事を目標に取組んでまいります。例会出席も、新しい会員と共に、「自ら進んで出席したくなるようなクラブづくり、心地よく出席できるようなクラブ」を目指す事で出席率向上を目指します。

 

職業分類・会員選考委員会 委員長:盒供〔仄

〔本年度方針〕
・職業分類
岡山北ロータリークラブにおいてさだめられた職業分類を基に均等な会員の充填が基本となります。
そして基本は守りつつも、現況に即した形での分類も考慮し会員増強につなげてまいります。

・会員選考
岡山北ロータリークラブにふさわしい会員を選考する事が基本となります。会員増強を優先するあまり、選考基準があまりにゆるくなる事は望ましくありません。
共に、クラブの活動に意欲的に携わっていただける方を選考してまいります。

 

ロータリー情報委員会 委員長:磯島 芳樹 

会長方針である「道」というスローガンを1年かけて理解を深めて行きたいと思います。

〔本年度方針〕
1)伊藤会長の方針に基づき、年2〜3回のIDM を開催する。〕
2)地区、国際ロータリーの情報を迅速に伝達する。〕
3)会員の退会防止に努める。

 

広報常任委員会 常任委員長:武南 浩二

〔本年度方針〕
伊藤会長の活動方針に沿って、各委員会と連携調整をとり広報活動を行います。
岡山北ロータリークラブの公共イメージ向上に努力します。

〔実施計画〕
岡山北ロータリークラブの認知度の向上に努力する。
活動内容をクラブ内外に発信するよう努める。

 

会報・雑誌委員会 委員長:武南 浩二

〔本年度方針〕
活動を通じ、会員意識向上及び活性化を図る。

〔実施計画〕
ロータリーの友の事前精読と紹介。
週報を通じ会員への情報提供を怠らない。

 

クラブ歴史編集委員会 委員長:下山 宏昭

〔本年度方針〕
2019年2月8日に我クラブは、創立50周年を迎えます。半世紀にわたって刻まれてきた輝かしい歴 史をどう記録し、未来へ繋いでいくか。編集委員会の責務は重いと自覚しています。
一方創立45周年誌の発刊で歴史資料の整理が進んだことで、かなりの部分の踏襲ができるという安堵の気持ちにも救われています。
伊藤健志会長が提唱されているこれまでの「道」、これからの「道」を最大限表現できるよう努めたいと思っています。
会員の皆様方のご指導、ご協力を切にお願い申し上げます。

 

ロータリー財団常任委員会  常任委員長:谷本 章

〔本年度方針〕
ロータリークラブの基本的理念として、「奉仕の理念」とは他の人々を思いやり、他の人々の役に 立つ事とありますが、その理念のもと、ロータリー財団の活動は、ロータリアンが健康を改善したり、 教育への支援を高めたり、貧困を通じて、世界理解、親善、平和を達成出来る様にする事です。具体 的には、財団の資金は、奨学金の支給をはじめとする教育的なプログラムやポリオの撲滅や安全な水 の確保などの人道的なプログラムやより良い地域づくりの為の活動の為に使用されます。
本年、ロータリー財団の活動に会員が理解を深め、寄付活動等にご協力していただけるように推進していきます。

〔実施計画〕
1.ロータリー財団の活動を週報などでPR し、財団月間に卓話を行う。
2.会員一人当り150ドルの財団寄付の達成を目標とする。

 

米山記念奨学会 委員長:谷本 章

〔本年度方針〕
米山記念奨学会は、ロータリー会員の寄付金を財源にし、将来母国と日本の懸け橋となって国際社 会で活躍する優秀な留学生に、大学等で学ぶ為の資金を奨学金として支給する事により、優秀な留学生を育成し、国際親善への道を深め、相互の理解を計る事を目的と致しております。
この目的達成の為、会員の皆様に同意をいただき、さらなる支援をお願い致します。
又、この度米山奨学生のカウンセラーを担当させていただくことになりました。米山奨学生とロータリアンの交流が相互理解のみならず、双方にとって財産になる様、アドバイザーとして奨学生のケアを行っていきます。

〔実施計画〕
1.留学生に当クラブの例会に出席いただき、なるべく多くの会員と会話をしていただくよう図る
2.例会において奨学生による卓話の機会を作る
3.米山記念奨学会への寄付を会員にお願いする

 

岡山北RC奨学金委員会 委員長:角南 真一

〔本年度方針〕
本奨学金制度は、平成元年に当クラブ創立20周年記念事業として1,300万円の基金をもとに発足しました。
制度の目的は、岡山市内の高等学校に在籍し、向学の念にかられつつも経済的理由から修学が困難 な生徒を支援することです。
運営方法は、社会福祉法人山陽新聞社会事業団に基金を寄付し管理運営を依頼しています。具体的 内容は、1学年3名を選定し、3学年で計9名に対して一人月額1万円を支給します。奨学金の返済義務はなく、当クラブは奨学金の額や奨学生の人数について提案することができます。
平成28年度(平成28年4月1日〜平成29年3月31日)事業について、事業費は1,188,216円で、平成 29年6月時点の基金総額は41,714,959円との決算報告を受けています。
今年度、当クラブはクラブ創立50周年、奨学金設立30年を迎えます。伊藤会長は、岡山北RC 奨学 金を記念事業とする方針を出されました。今年度に限り、高校1年生の奨学生を5名とし、卒業までの3年間支給することになりました。皆様方にはご理解の程宜しくお願い致します。

〔実施計画〕
社会福祉法人山陽新聞社会事業団が選考した岡山市内の高校生に対して高校1年生5名とし、3学 年で計11名に対して一人月額1万円の奨学金を支給します。

 

奉仕プロジェクト常任委員会  常任委員長:岸本 達也

〔本年度方針〕
奉仕プロジェクト常任委員会は、ロータリーの根幹である五大奉仕部門のうち4つの奉仕活動を実施する委員会を統括する常任委員会です。
各委員会がお互いのプロジェクトを理解し、協力し合った上で、創立50周年にふさわしい奉仕事業を会員の皆さんとともに行い、奉仕の理念と意義を共有してまいります。

〔実施計画〕
1.職業奉仕活動
2.青少年奉仕活動
3.社会奉仕活動
4.国際奉仕活動

 

職業奉仕委員会 委員長:米林 真

〔本年度方針〕
各自の生活の糧である職業の倫理性を高めることがそのまま社会の向上に貢献する奉仕活動となる。 これが職業奉仕という思想の根幹だと理解しています。我々の人生の中で最も長時間注力し続けているものはプロフェッショナルな仕事、即ち職業です。ボランティア的社会奉仕は一時のものに過ぎま せんが職業は数十年続く行為であり、それが他者の幸福の増進に繋がるならこれに勝る社会貢献はありません。
ロータリアンが最も長時間を費やすロータリー活動は例会です。例会を職業倫理向上の機会とすることが職業奉仕委員会、ロータリアン双方にとって効率的だと考え、委員会活動として以下の計画を 実施いたします。

1.例会会場に「ロータリーの目的」と「四つのテスト」を掲示し、これを唱和する。
2.プログラム委員会と協議の上、職業奉仕をテーマとした例会を開催する。

 

社会奉仕委員会 委員長:高畠 浩

〔本年度方針〕
創立50周年を迎えるにあたり、伊藤会長の基本方針、「会員増強 会員の資の向上 今後のクラブの在り方 架け橋」を社会奉仕委員会として何が出来るかを考え会の運営に協力したいと思います。

〔実施計画〕
1.地区補助金を活用した奉仕プロジェクト実施できるようクラブ内で協議する
2.奉仕プロジェクト委員会の全ての奉仕活動に協力する

 

青少年奉仕委員会 委員長:浜田 麻里

〔本年度方針〕
地域の青少年の健全な精神と健康な身体の育成するため、青少年のスポーツ活動の支援を継続して行います。
また、本年度は、伊藤会長の方針のもと、創立50周年としての岡山北ロータリーの知名度も上げていきたいと思います。

〔活動計画〕
1.「第13回岡山北ロータリークラブ旗ミニバスケットボール大会」の共催
2.奉仕プロジェクト事業への協力

 

国際奉仕委員会 委員長:岸本 達也

〔本年度方針〕
創立50周年を迎えるに当たり、今まで行ってきた国際奉仕事業を振り返り、過去の国際奉仕への思いと活動を検証し、今後の事業をさらにステップアップさせるべくチャレンジしていきます。
事業を会員の皆さんに理解して頂き、多くの方に参加して頂くことで、これからの当クラブの国際奉仕の「道」を築いてまいりたいと思います。

〔実施計画〕
1.米山奨学会・ロータリー財団への積極的な寄付活動を行う。
2.海外クラブと協力して奉仕事業を行う。

 

会場監督  S. A. A. 永山 雅己

〔本年度方針〕
本年度50周年という記念すべき年にS.A.A.を拝命いたしました。運営方針の「意志あるところに道がある」という言葉の下、例会、各種会議を監督いたします。

〔実施計画〕
例会は、昼食時の親睦の時間、会長挨拶や卓話での奉仕の時間、と、しっかりとオンとオフを切り 替えて実施する。
スマイルも多くの方に協力いただく為、毎回声掛けをしていく。
50周年記念事業等に協力し、次世代に継承していく。

 

クラブ財政  会計:山本 武彦

クラブ財政につきましては、このところつづく会員数の減少によることもあり、緊縮予算がつづいている感じですが、本年度はその状態を気持ちの上でも打破しクラブ会長の方針に沿って、クラブの業績を上げ、クラブを活性化出来るような運用を心掛ける必要があると考え会員の皆様の御協力をお願いしたいと考えます。

 

週報バックナンバー

お役立ちリンク集

岡山北ロータリー 入会案内

ロータリー文庫
qrcode

このページのトップへ戻る