ロータリークラブは、人道的奉仕に従事し、あらゆる職業における高い倫理基準を奨励し、世界中で親善や平和を築くためのお手伝いをしています。


トップ  >  鎮守の森 支援活動

鎮守の森 支援活動

新地区補助金特別委員会

「見直そう!鎮守の森」事業について 委員長 山崎 剛

2011年11月6日岡山市伊島地区の尾針神社にて、地元 別所町内会・婦人部・老人会・子供会の皆さんのご協力で、無事植樹を終了しました。北参道ができ、地元の皆さんも感激しておられました。 会員の家族を含めて約30名、地元40数名、80名程の参加で盛り上がりました。
家をてる時に降っていた雨がセレモニー開会と同時にやみ、子供たちによる宝探しの時は何故か晴れ間がのぞき、解散して皆が車に乗ったと同時に再び雨という天気で、神様って本当にいるのかなという感じがしました。参加頂きました会員の皆様、お疲れ様でした。ご協力感謝いたします。

鎮守の森とは?

鎮守の森とは、神社の境内に囲むように生息している森林のことです。 我々日本人は古来より最も自然を愛し、最も自然と共存共栄してきた民族です。 日本には八百万の神様がいらっしゃり、樹木や山など自然そのものを神様とする神社も全国に数多く存在します。

しかし近代化が進み、年々自然が破壊され、特に都心では公園か鎮守の森がかろうじて自然を残しているという状態になっています。

北ロータリークラブとしてのこれからのプログラム及びスケジュール

岡山北RCクラブは3年計画で岡山市の3つの神社に3つの森を作ります。
▽2010年度
1、シンポジウム開催日時 平成22年10月16日(土)13:30〜15:00
ゲスト 芳村真理(タレント)林野庁林政審議会委員 福澤記念森林会理事
開催会場 岡山県立図書館多目的ホール
2、鎮守の森記念植樹
植樹日時 10月16日(土) 16:00〜17:00
植樹会場 玉井宮 岡山市中区東山1-3-81

「見直そう!鎭守の森」パネルディスカッション

「見直そう!鎭守の森」パネルディスカッション「見直そう!鎭守の森」パネルディスカッション「見直そう!鎭守の森」パネルディスカッション

パネリストのご紹介

パネリスト加藤隆久氏
加藤 隆久
(かとう たかひさ)
生田神社宮司、RI第2680地区パストガバナー

岡山の吉備津彦神社生まれ。兵庫神社庁長、神社本庁常務理事を務め、新色身分特級に任じられている。神戸市文化賞、兵庫県文化賞など受賞。著書に学術的な「神社の史的研究」を始め、「へそだんご - 神と人との出会い」「敦盛の萩」など文学的著作もある。
15年前の阪神淡路大震災で拝殿が崩壊する被害を受け、その復興に尽くしたことでも知られる。06〜07年度RI第2680地区ガバナーを務め、現在は米山記念学会理事でもある。
パネリスト芳村真理氏
芳村 真理
(よしむら まり)
メディアパーソナリティー

ファッションモデルから映画俳優に転身。80数本の映画に出演する一方、テレビ界にも進出。フジテレビの「3時のあなた」「夜のヒットスタジオ」などで個性あるパーソナリティーとして活躍、鋭い時代感覚で人気を集めた。
また早くから環境問題に取り組み、林野庁の林政審議会委員など務め、現在はより良い環境を次世代に残そうと活動する「MORI MORI ネットワーク」の副代表として活躍中。
パネリスト千葉喬三氏
千葉 喬三
(ちば きょうぞう)
国立大学法人岡山大学学長

京都大学大学院で博士号取得。高知大学農学部助手、同助教授を務めた後、1974年に岡山大学助教授、教授、農学部長、副学長を経て2005年から現職。
森林保全学が専門でラオス、トルコなどで植樹活動を展開。土壌の分析や改良法などの権威。環境に関する論文は多く、環境大臣表彰など受賞歴多数。
NPO法人「おかやま環境ネットワーク」会長なども務める。
パネリスト宮脇昭氏
宮脇 昭
(みやわき あきら)
国際生態学センター長、横浜国立大学名誉教授

岡山県成羽町生まれ。土地本来の潜在自然植生の樹木(常緑広葉樹)を中心に「混植、密植型の植樹」を提唱。最近は「鎮守の森」を海外にも広めようと大活躍中。
9月18日に県北で行われる植樹祭に出席し「宮脇方式」による植樹の方法など講義。今回のディスカッションではVTRで参加して「宮脇方式」について紹介。

パネルディスカッションの様子


FC2動画 [高画質で再生]
90分間を一気にご視聴することができます。


YouTube
90分間を6分割してご視聴することがきます。
パート1が終了後、更にクリックしていただくことで続きを見ることができます。

週報バックナンバー

お役立ちリンク集

岡山北ロータリー 入会案内

ロータリー文庫
qrcode

このページのトップへ戻る